儲かる歯科医院への変貌2

■【人は口腔内を扱う歯科医院に何を求めるか?】

ユーザーは常に欲求と要求を持ち続けるし抱え続け、そして常に不信感と猜疑心を持って自分に合う何かを探している。
そしてある時、首20代から50代までの人に都圏である渋谷、大宮、横浜でアンケートを取った。
アンケート内容は、

1.むし歯はありますか?
2.歯医者に行きたいですか?
3.歯を白くキレイにしたいですか?

という内容である。

「歯を白くキレイにしたい」のに「歯医者には行きたくない」という想定内の結果であった。
ここで前頁の5つのファクターからこれらの結果に対し、一つの仮定が立てられる。

1.ファーストフード店のように快適で、
2.明確な料金体系(メニュー)があり、
3.従来のイメージより低価格(リーズナブル)で
4.短時間で終わり(時間が読める)
5.気軽に美しく満足度の高いサービス

が、あったらどうであろうか?

すでに市場は予防歯科や歯周病、そして歯石除去やホワイトニングなどのニーズを抱えているのである。賢明な歯科医師なら理解すると思う。
これらの欲求に対し、人々が歯科医院へ行き、歯科医院が驚くほど繁盛する状態に出来るのだろうか?

■来院意欲をかきたてるフックを用意する

通常の歯科医院であれば、カウンセリングや口腔内の現状の説明等を通常業務の過程で行うことで、自由診療(自費)を促すことができる(それでもその場でクロージングすることは困難だろう)。
しかし、患者の絶対数が少ない医院での保険治療から自費への誘導はマイナス要因にならないとも言いかねない。
であれば、自費診療のニーズを抱えるユーザーを現状持ちうる材料の中で掘り起こす作業と、新規の患者(ホワイトニングなどのニーズを抱えた)をどの動線を経由させて自院にアクセスさせるかを体系化するかである。

ここで提案するのはクリーンクリーンのような5つのファクターを兼ねた商材である。

商材の重要な選択のポイントとしては、①ある程度ブランド化されたもの②他院が真似したときに自院の価値が上がるアクセシビリティが用意されていること③導入コストが安価なもの…の3点である。

■明確なニーズあるユーザーがフックを通して来院する

常に「安かろう悪かろう」の精神が日本人にはある。つまり、それぞれの内包された欲求を適えないのは、金銭的理由、時間的理由、信頼的理由、猜疑心的理由などからである。

この代償として人は「まず、安いものから試してみたい」という衝動と行動に移される。
デンタル関連商品が市場の量販店で売れるのは他でもない、歯科業界がせっかくニーズを掘り起こさせたものを市場に横取りされているからである。なぜならば、前述のような歯科医院にはマイナス(過負荷)の5つのファクターがあるからである。
だからこそ逆に歯科医院は彼らが抱える欲求に対し、理由づけの意味で、背中を押してあげる商材を提供すればいい。つまり「試してみてダメでもともとだ、だって安いからね」を肯定してあげればいい。
そして、来院されたユーザーに対し、このフック(お試し商材;呼び込み商材)を通して、しっかりと信頼関係を構築(ユーザーが満足いくサービスを提供する)し、個人情報を獲得し、カウンセリングを通して自由診療へ促せばいいのである。これは衛生士や助手レベルでもマニュアルさえあれば誰でもできる。
近頃では広く世間に認識されることになったあのキシリトールを含むガムの作用によるむし歯の予防方法も、そういった研究の効果から、確立されたと言う事ができます。
通常の唾液の効用は、口腔内の清掃と菌を防ぐことです。ですが、それだけではないという事です。歯を再び石灰化に導くためには唾液を使うので、分泌量の多さというのは外せないポイントです。
患者の求める情報提供と、患者側の選択肢を重く受け止めれば、それに応じるだけの仕事が医者の方へ広く切望されるのです。
歯の外側にくっついてしまった歯石や歯垢等を除去する処置を一般的にデンタルクリーニングと呼びますが、前述した歯石や歯垢などは痛い虫歯の素因となるようです。
それは顎を動かすのと一緒に耳の近くにある顎関節にカクカクと異音が聞こえるもので、顎関節症の症状では非常に多く現れており、著しく初めの頃に多く起こる顎関節症の状況です。


美しく整った歯列になりたい人は、上手く美容歯科に定評のある歯科を活用することをおすすめします。腕の確かな美容歯科では全般的な観点に立った施術を成してくれると確信しております。
当然ながら医師が多いのできっちりと患者を診てくれそうなイメージがありますが、逆にそういう場所は流れ作業方式で患者に治療を施す所も存在するようです。
セラミックといっても、いろんな種類や材料等が用意されているので、担当の歯科医師としっかり相談し、自分向きの治療内容を選択してください。
カリソルブという薬は、平たく言えば「科学によって虫歯になっている所だけを集中して溶かす薬」です。その折、虫歯に冒されていない歯の領域には何も被害のない便利な治療薬です。
口の臭いを何もせず放っておくのは、あなたの周辺の人への迷惑は当然のことながら、自分の方の心理的に深刻な重荷になる心配があります。


虫歯の目を摘むためには歯みがきばかりでは難儀になり核心は痛い虫歯の原因となる菌を除くことと虫歯の病態が進むのを押さえるという2点と考えられます。
歯の噛みあわせの問題の中でも特に前歯が何度もぶつかり合う状況だと、噛みあわせる毎に力が上顎骨の前や鼻の骨に集中してきます。
キシリトールの成分には虫歯を抑制する力があるとの研究結果の発表があり、それからというものは日本はもちろんの事世界中で非常に積極的に研究への取り組みが行われました。
在宅医療で歯科衛生士が要されるのは、まず始めに患者の口内を洗浄して清潔にすることです。口のなかが不潔だと、雑菌が増殖したカスそのものを飲み下してしまうかもしれません。
ある研究で分かったのは、顎関節症という自覚症状を認識していなくても、全体の約35%の人が口を開いたりする状態でこういうカクカクした音が聞こえるのを気にしていたそうです。

常識的に見れば医師の数が多いのであれば、きっちり患者を診察してくれそうなイメージがありますが、かえってそういう医院は流れ作業のようなスタイルで、患者さんに治療を行う所も実在するのです。
是非心がけてほしいのは虫歯の引き金となる虫歯菌や歯周病菌を幼い子どもに感染させないためにも、嫁入り間近にした女性の方はムシ歯治療は、きちっと終了させておくべきだと考えておくと良いでしょう。
歯科技工士が作った歯の出し入れが行えるということは、月日が経つにつれて違ってくる歯や顎関節のシチェーションに見合った形で、改善が行えるということです。
外科処置を行う口腔外科という所は、その性格として、顎口腔の機能を主眼に置いているために、内科的な処置やストレス障害などにおよぶほど、診る範疇は大変広く在ります。
歯に付く歯垢というものについて、果たしてあなたはどの程度分かるでしょうか?テレビやCM等で多く流れる言葉ですので、今まで耳にしたことがない、そんなことはまずないのではないかと感じます。

ムシ歯を要因とする知覚過敏は、ムシ歯は意外なほど進行していると予測され、痛さも続いてしまいますが、そうでない際は、長続きしない事態で収束することが予想されます。
半面、糖尿病の側面から判断して考えると、歯周病になることによって血糖値をコントロールすることが難しくなり、そのことから、糖尿病の助長を誘引してしまう可能性も考えられます。
エムドゲイン剤を歯周外科の治療時に付けると、乳歯が初めて生えた時の様子と同一の、固く定着する歯周再生の活性化が行えます。
歯をこの先も保つためには、PMTCがすごく大事で、この手法が歯の施術後の状態をいつまでも持続可能かどうかに、強い影響を及ぼすのも本当の事です。
歯肉炎ができてしまうと、歯ブラシでの歯みがきの時、りんごなどをそのままかじりついたとき、歯茎から血が出てきたり、歯グキがなんだか痒い等のこうした問題が見られます。

虫歯にならないようにするためには、単に歯を磨くだけでは難儀になり要所は痛い虫歯の成因となる菌を消し去ることと、虫歯の病態の進行を阻むという2大ポイントなのです。
親知らずを取るとき、相当な痛みを免れることはできないという理由から、麻酔を用いない手術を遂行するというのは、患者の側に相当に重い負担になることが推測されます。
仮歯を入れれば、容貌も気にしなくてよくて、食事や会話などの日常生活においても戸惑うことがありません。更に仮歯があることによって、治療を受けている歯が壊れたり、歯列が乱れてしまったりする事がありません。
口の臭いを抑制する効能のある飲みものに、知られているのがコーヒーですが、多量に飲みすぎると口の中の水分が乾燥してしまい、意に反して口の臭いの原因となってしまうようです。
歯のメンテは、美容歯科の診療を終え理想通りの完成になったとしても、不精せずに続行しないと元通りに戻ります。